MilkyTracker Custom#1

当ブログでは(多分)お馴染みMilkyTrackerの使い勝手を向上すべく
以前XMSNESによるSPC制作でもお世話になったosoumenさんと改造をやっております

と言ってもワタクシ、ソースコードからのビルドは素人故「あんなこといいな、できたらいいな」
って事をしたためているだけですけどね

今回手を加えたのはトラッカーの作業では頻繁に操作するエディットステップと
オーダーリストの編集に関するキーボードショートカットです

まずコチラをご覧下さい


MilkyTrackerのコントロールパネルです

なんと

原寸大であります

これの[+]と[-]をポインタで狙い撃ちしないとエディットステップの変更やパターンの並び替えができないのです
トラッカーの良い所は外部に色々繋がなくても打ち込みができるところでして
イマドキのちっこいモバイルノートでも十分使えるというところなんですが

なんせトラックパッドだとこの標的が空振る空振るw
当たり判定小せェ

MacBookをお使いの方ならわかると思いますが今のMacはポインティングとクリックが一体になっていて
クリックの時微妙に上にスライドしたり(あるある)

さらにモニタの高解像度化もあいまってパターン編集がもはやスナイプ作業です

そこで、このボタンにキーボードショートカットを割り当てようという試みです
Add stepの変更は実は同じトラッカーであるところのRenoiseに[ Command + num ]というキーがあり
それをそのまま拝借(?)しました

指定出来るのは0から9まで、それ以上はテンキーの+でできます
がトラッキングで使うステップなんてせいぜい8くらいまでなのでMacBookでも余裕です
動画でよくあるトラッカー作業ではノートを打ち込んだあと1ラインづつ編集するコマンドを打つのに
コマンドナンバー打つ -> 戻る -> バリュー入力 -> 戻る -> バリュー -> 誤打 -> 戻る
という返し縫いのような動きが見られますがこれは
いちいちエディットステップを変更しにマウスを操作するのがめんどいからという事なんでしょう
それでも手練は凄いスピードでこの作業しますが

まずこれを解消しました

次にオーダーリストの編集
ここは [ Command + 方向キー ]を割り当てました
このショートカットはデフォルトで他の動作に割り当てられていましたが
実はFastTrackerIIと同じショートカットでも出来る事なのでバッサリカットしました(してもらいました)

cmd + left/right
パターンナンバーの変更

cmd + up/down
オーダーのデリート/インサート

になっております

他、クリエイトニューパターン/クローニングのショートカット
何故か無かったソロモードのショートカット
リサンプルに4-point Gauss(スーパファミコンのような鳴り)を追加

など痒い所に手を届かせるような改良を加えております(加えてもらってます)
今のところMac版で改造が進んでおりますが追ってWindows版も?というところです

ただし、これで初心者が取っ付きやすくなるという訳でも無く
フォーマット自体にも手を入れて無いので音が良くなるという訳でも無いのであしからず

続報を待て

Zakki

たまに更新しますよ

■FCM9
Famicompo mini vol.9のサイトもとりあえず公開しましたがまだ日程の調整が付かず
ファイルの受付等はフォームが自動でやってくれるのでいつでもいいっちゃあいいんですが
データの取りまとめにまとまった時間が必要でそれを確保するのに苦慮中です

■私事
Twitterで一度お伝えしたのですが先日父が倒れました
脳梗塞ですね
不幸中の幸い、、、どころかほとんど奇跡ですが発症から搬送までが迅速だったので命に別状は無く
意識もハッキリ、意思の疎通は全く問題無い状態です
しかしノーダメというわけでは無く半身に少し麻痺が残りそうです

私と同世代の方はご両親も同世代であろう事かと思いますが
携帯電話は常に携行される事を強く推奨します
脳梗塞初期段階にすぐに連絡を取れるよう
アレは時間との勝負です。発症から1時間以内には医師の診察を受けていられるくらいのスピードが望ましいです

■奇跡で思い出したけど
ちょっと前からPSPでダウンロード販売してるゲーム買ったりしてます
というか最近の日本ファルコムってどんなんよ??と思いまして
ワタクシ、PC-88,98はもとよりWindowsPCなどを所有しておりませぬ故
昔の作品ですとPCEngineに移植されたモノなどをプレイした程度でございます

最近社長さんが変わったりコンシューマに完全移行したそうなのでコレを機にちょいちょいやってみようと
ファルゲーではポップ枠と呼ばれているらしいぽっぷるメイルやツヴァイの系統?でPSP参入第一弾のソフト
ぐるみん
と現在のファルコムのメインストリームなのかしら、軌跡シリーズと呼ばれている作品のPSPがオリジナルプラットフォームの
零の軌跡
をばポチポチと

ぐるみんはパッケージイラストから明らかに異端な雰囲気で気になってました
Mr.ドリラーの類かと

う〜んコミカル
オリジナルではどうかわかりませんがPSP版だと上方向の視野角が足りなくてややストレス
操作性は良いのですが狭い足場で勢い余って転落とかありまくりですね(プレイスキルの問題でしょうか)
ゲーム性は難易度によるのでしょうがけっこうゴリ押しでなんとかなるっていうバランス(のーまる)

とにかくキャラクターがみんな可愛くて良いですね
謎解きのギミックはゼルダっぽいモノが多いような気がします、イースファンにコレ言うと怒るかもしれませんがw
やり込み要素もふんだんのようですがまだそんなにやり込めてません

零の軌跡

いやこれ、買った後で知ったんですが「英雄伝説」なんですね
英雄伝説と言えば最初のドラゴンスレイヤー英雄伝説のPCE版をI,IIとやりましたよ
調べた所、この2作は英雄伝説第一期「イセルハーサシリーズ」という事らしいです
零の軌跡は第三期「軌跡シリーズ」と呼ばれ、零はナンバリングで言うと続編の碧の軌跡と合わせて「英雄伝説VII」にあたるそう
軌跡シリーズは零の前に「空の軌跡」が三部ありました、最新の「那由多の軌跡」は英雄伝説とは別枠だそうです

ストーリーRPGというジャンルらしいです。なるほどストーリーが、、、、、
うん、ちょっとコレは引き込まれる
ストーリーそのものもそうなんですが視覚情報のバランスですかね
イマドキのゲームなんですが2D成分が多いのですよ
アニメのシーンが〜というのじゃなくてキャラチップ(?)が8方向2Dドット絵で
イベントシーンもムービーじゃなくそのままキャラが動いて展開するっていう
マップやオブジェクトは3DですがテイストでいうとFFVIとかクロノトリガーに近い印象でしょうか
そこに台詞は顔グラ付き、時々ボイス、たまに立ち絵なんか入ってくるっていう独特のバランス
そしてファルコムと言えば音楽、スラバシイ
我が周辺ではファルコムと言えばFM音源時代で古代祐三氏在籍時代というかだいたい初期イースの話になりがちなんですが
今のjdkも良いですよコレ
バンド演奏を想定しているのか昔からそういう志向なのかキメ曲は相変わらずメタル+シンフォニックですね
でも日常なBGMはカントリーだったりジャズだったりテクノっぽかったりバリエーション豊かです
ケルテッシュな曲やフルオーケストラないかにもRPGという曲があんまり無いのがファルコムっぽいところなのかな

こちらも中盤までゆっくりと進めてます

そろそろFCM9やBlipがあるのでじっくりやる時間も取りにくくなりそうですが

MilkyTrackerに欲しいショートカットキー

I want this shortcut key in MilkyTracker.
で通じるのかどうかわかりませんが

コレ↓


Add 01 の所
ここを変えるショートカットが無いの
高解像度のディスプレイで横の [+] [-] ボタンを狙い撃ちするのが大変
なにより音楽作るのにマウス使わなきゃならないのがファッションパンクです(Instrumentsは仕方ないけど)

このAdd すなわちEdit stepsなんですが
Renoiseだと

Control + num なんです

これが思いの外楽チンで是非MilkyTrackerにも欲しいです
ちなみにFamiTrackerだとユーザーがこれを自分で設定できます



     

About

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM