リトラクタブルヘッドライト(絶滅種)

もう完全にマイカーのブログになってます
こんにちは

今回はちょっと昔にはアホほど巷に溢れていたこんな顔の車


リトラクタブルヘッドライトという

デザイン、実用性において有利な画期的なギミックとして登場したと思いきや
よく考えたらむしろデザイン、実用性において不利な事がわかり死んだ

当初考えられていた有利な事

  • デザインの自由度

  • 空力

  • ナウさ



絶滅に至ったとみられる要因

  • デザインの不自由さ

  • 空力

  • ナウさ(笑)

  • 整備性

  • 安全性



自動車のデザインはこと市販車においては自動車のなんとか法が大きく影響します
そしてデカい市場であるアメリカに合わせるのが世界のアレ

昔のアメリカでは前照灯の地上高に制限がありましたそうである程度地面から高い位置じゃ無いとダメだったそうです
そうするとフロントマスクが全体的に上がってしまうのですね
昔のアメ車なんか見るとわかりやすいのですが低い!長い!かっこいい!みたいな風潮で
この低いを実現するためにライト付けてない時はしまっちゃおうねという発想です
要するにヘッドライトのレンズ部分が低い位置で割れると危険が危ないから高い位置に付けなさいよという事だったんでしょうか
もちろん点灯時はそれをクリアする位置まで跳ね上がる仕組み

リトラのおもしろエピソードとしては日産シルビアの日本版と北米版でしょうか

日本版


北米版

写真は帰国子女な日産180SX

5代目のシルビア(S13,PS13)は国産車でも屈指の美麗デザインだと思うのですが
これがアメリカの法律では前照灯の位置が低過ぎてダメだったんだって(当時)
そこで同じシャーシにガワを変えた240SXというリトラクタブルな顔の車をシルビアの輸出仕様として出したらしいです

他の日本車でも北米展開を前提したのかギミックがナウいという理由かわかりませんが
スポルツ車のみならず小型大衆モデルまでリトラが普及していたもんです

後ッッ

アメリカの規制緩和やら前照灯の光の拡散の技術と工作精度?の向上により固定式のライトでもデザインの制約は無くなってゆきます
むしろボンネットの高さを低く出来る事意外「みんな同じ顔」になってしまうリトラのほうがデザイン面の不自由を抱える事に
そしてスーパーカーよろしく空力でも有利だった筈のリトラもライトを跳ね上げれば逆にちょっとした帆になってダメ
機構的にも部品点数が多く故障のリスクが付いてまわり
鼻先の重量増が厄いのでスポルツ性能でもアカン
更に人妻がお買い物に利用する車種にまで普及しまくったものですから流行り廃りの法則にのっとりデザインが陳腐化

トドメはコレ

前方視界を妨げる、、とかそういう事じゃ無いですよ(むしろ車幅ポールみたいで車両間隔掴みやすくていい)
万が一こういう車で歩行者と接触してしまった場合固定式ヘッドライトと比べてどうでしょう









*イメージ
完全に凶器

自動車の安全性として乗員のみならず歩行者の保護にも気を配るのがトレンディな車作りです
最近じゃフロントガラス外側にもエアバックついていたりしますから
リトラだと徐行運転でも致命傷与えかねませんからね

でも、、、、


oh....
かっこいい

リトラクタブルヘッドライトの華は何と言っても点灯する瞬間ですよ
「ライトを点ける」というより「光を投げる」みたいな(アンダースローで)
点けるタイミングはとにかく動いている状態で
停車中に点けては粋じゃありません

新規にこのギミックが復活する事はもう無いでしょうから大事にしましょう

サブウーファー(ハー?)

注意!素人施工です
この記事を参考にしてのご自身の車両への施工は自己責任にてお願いしますよ






とりあえずフロントスピーカーに自作エンクロージャー
車両への組み付けが地獄でしたが
効果の程はよくわかりませんがこういうのは何かやったという達成感と自己満足で全て説明が付くッッ

本題のサブウーファーです
一応参考と混乱の為に機種名を記す(場所は伏す)

KENWOOD KSC-SW01

ゴチャァアアッッ

これでも付属の配線から2/3くらいカットしたのですよ
しかしセンターユニットの位置とバッテリーの位置が真逆なので上手い事配線を纏められませんでした
言い訳:カプラーから出てる配線の”電源関係は後方に”パワーコントロール(リレー的な)と音声信号(RCA)は前方からというオーダーに応える事が出来ませんでした

まあ助手席起こしてれば見えないので良しとしますが
Tバールーフ固定ベルト通称Tバックで上手い事立てました
最初は助手席下に転がしてたんですが音が空中へ抜ける方が精神衛生上よろしくて
あと多分助手席に人が座ったら潰れる、、、

そんなことはどうでもよくて

旧車やらプアな小型車などのカーオーディオチューニングで一番安価で効果がハッキリ出るものだと思います
サヴウーファー
KSC-SW01は実勢価格1万円くらいでしょうか
当然、取り付けをショップにお願いすれば工賃を取られますが

スピーカーを増設するってのは足りない帯域を足すという事より
鳴らせる帯域をスピーカー毎に振り分けられる事と見つけたりしました

ここから俺セッティング
ウーファー取り付け前はフロント10cmスピーカ2個とリア8cmだっけ?でデッキのEQで低いとこから高いとこまで全てカバーせざるを得ない状態でした
まぁコレがチープな音で、スッコンスッコンって感じで
で今回低音を担当する兄貴が加わったのでチビ達は中高音に専念出来るようになったワケです

ビフォー:BASS=8 MID=2 TREBLE=8 なドンシャリのつもりでトンシャリな音
アフター:BASS=2 MID=4 TREBLE=6 なウーファー無しだとAMラジオみたいな音

そこにウーファー差し込む事で低音部分を補うと相対的に中域以上が立ってくるみたいな
このウーファーカットオフ周波数ツマミなるモノが付いておりまして
指定した周波数以下だけを鳴らすという要はローパスフィルターですかね
コレの設定がキモでしょうか

全開だと120Hzです
これで鳴らすとボゥンボゥンズモーという非常に判りやすいウーファー感ある
近所迷惑なクルマです
迫力あると言えばそうなんですがベースの輪郭が無いですね
いわゆるブーミーってやつです特にファミコン音源で鳴らしてる曲なんか聴けた物じゃありません
コレを半分くらいにします60Hz〜70Hzくらいでしょうか
するとウーファーから出てる音はモゥンモゥンヌモーという感じになりますが
それまでウーファーに塗り潰されていた10cm君のアタック感が前に出てきますトットッみたいなもんですが
それが空中で混ざった時に非常にコシとキレの有る音になりますなりました
ベースも輪郭がクッキリして良いです
全体的な重低音としてはやや落ちるのかもしれませんがバランスは良いですね
ゲイン、もといボリューム(デッキの)を上げてやれば相当迫力のある音です
ハイエンドオーディオシステムに比べればカスみたいなもんですが車種の割にはかなり「イイ音」と言える感じにはなったと思いますよ

自分音楽のような事やってるクセに音響にはとんと疎くて
出来てるかどうかはともかく音響のセッティングで色々考えるのは面白かったです(小並感

オラの村にはデスコが無ェのでデカい音で音楽聴けるのはマイカーだけ
次回作にご期待下さい

車の話題ばかりで申し訳

昔乗ってた車の写真が何故か一枚だけ出てきたので
ハイコレ


トヨタのMR2ですね
これは2代目のSW20という型式のヤツです

実は高校時代に自動車学校に通いながら皆で免許取ったら車何買う話になって
当時そんなに車に興味も無かったんですが誰かが持ってきたこれまた当時流行りの「走り屋」的クルマの雑誌か何かにて
一目惚れ?したのが現在の愛車

ハイコレ

*積載量的に豆腐はあまり運べません

トヨタのMR2ですね
これは初代のAW11という型式のヤツです

高校卒業後は知り合いのツテでカローラの古いのを1万円で買って乗ってたんですが
そいつの車検切れを機にちゃんとした中古車(笑)を購入する事になるますて
就職はしてましたがまだ保証人を立てないとローンが組めない年頃で

当然、、親頼みになってしまうわけで

AW11欲しかったのですけどね、あたりまえのように理解得られる訳も無く
当時としても「昭和のクルマ」といえばポンコツ扱いでしたから(平成1桁の頃)

平成のクルマで見た目今の自動車で自分の好きな車種という強引な落としどころで
平成3年式のMR2という

購入価格は諸々込みで130万円

!!!

未だにコレが生涯一番高い買い物です
SW20は4度のマイナーチェンジで5つに分類されます
私が買ったのは通称I型と呼ばれるモデルチェンジ直後のバージョンでした
写真を見ておわかりいただけるだろうか
どノーマルで御座います

現在SW20の中古車探したらまず見つからない物件

ボディサイズと排気量と共にエンジンの出力がAW11から大幅に向上した割に足回りがプアと酷評されてましたね
自分のはターボのついていないグレードだったので幾分マシだったのかもしれませんが

乗り味は非常にマイルド、インテリアも高いセンタートンネルと着座位置の低さを除けば普通の乗用車と変わりません
メーカーオプションのスーパーライブサウンドシステム(6スピーカー+ウーファー)とTバールーフで完全にデートカーやんけコレ

もっとも、初代MR2は小粒で元気よく走るシティコミューター(メーカー推奨キャラ設定)
なのでこの構成はある意味正解なのですが世相がそれを許してくれなかったという
ミッドシップ(エンジンが車体中央)でリトラクタブルヘッドライトで
「僕たちの手の届くスーパーカー」みたいなキャラを期待されてしまったわけですね

SW20はそんな世相を反映して公式にミッドシップスポーツを謳っていたと記憶しています
折しも当時の自動車業界はパワーウォーズ真っ只中でスポルツカーたるSW20もその渦に巻き込まれてゆきます
高出力化が進むも初期設計の拡大したとはいえボディサイズと足回りの容量不足から良くも悪くも乗り手を選ぶ難易度の高い方向へうんぬん(と皆は言う

最終型の無加給グレードが最高のバランスと言われる完成度に達しましたが既に時代は次のステージに進んでおりましたね
ハイブリッドカーも登場してたっけその頃、リトラクタブルの車も絶滅危惧種に

何の話だっけ?

そうそうスーパーライブサウンドシステムはけっこう良かったですよ
田舎とは言えやはり爆音で音楽聴けるのはマイカーの中だけ
ちょっと近所の山に繰り出してドッスンドッスンしてました(街中でやるのは躊躇う)

この、当時を思い出し今の愛車もそれに近い環境にできたらなと

今度はまっとうにシティコミューターでミッドシップランナバウトなキャラ付けで
タイヤも買わなきゃならないんですが静粛性と燃費重視なのを選びたいと思ってますよ

走りの方は特にエンジン足回り追い込まなくても日常域での使用なら小気味よい丁度良い特性なので
限界性能こそ低いですがそういうシーンで使う事も無いので

車もドライバーももういい歳ですし

(ゲームボーイより古いのよこの車)


     

About

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM