XMSNESでスーパーファミコン音源(SPC)を作る#1

MOD,S3M,XMをSPCに変換するまでの流れ

■SPCとは何ぞ?
SUPER FAMICOMのサウンドファイル(たぶんメーカー非公認)です
PCM(ADPCMらしい)で8チャンネルにエコーが掛けられます
各種ゲーム機用サウンドファイルに対応したメディアプレイヤーでの再生が可能
条件を満たしていれば実機での演奏も可能

■XMSNESとは何ぞ?
FastTracker2のオーディオモジュールであるXMをはじめ
ProTracker等のMODやScreamTracker3のS3MをSPCに変換できるプログラムです
コマンドラインツールです

XMSNES Download
osoumen氏が公式のベータ版に修正を加えたWindowsとMacのバイナリ諸々が入ってます
どこか適当な場所に解凍展開して下さい

■XMを用意する
用意するファイルはMODでもS3Mでもいいのですがサンプルの取り扱いやXMSNESではInstrumentもサポートしているので
XMが一番自由度高くていいと思います

Mac的にはネイティブでXMを取り扱えるアプリケーションがMilkyTrackerくらいなのでそちらも合わせてご用意
WindowsならOpenMPTなど色々あります

MIDIからの変換というアプローチに関しては当ブログではフォローしきれないので
osoumenさんのメモなどを参考に

XMの打ち込み方についても割愛でございます

■手順
1:XMSNESフォルダに変換したいXMを入れます
2:コマンドプロンプト(Macではターミナル)を立ち上げ同ディレクトリをカレントにします
3:コマンドラインに xm2snes -b -d ファイル名.xm で実行

チャンネル数や容量(後述)がオーバーしていなければだいたい通ります

■変換元ファイルの縛り
SPCで扱えるメモリは 64kb 57kbなのでそれ以内にしなければなりません
変換はXMから直接SPCではなく一旦XMSという形式に変換されるようで
その時にサンプルサイズは半分近くまで小さくなるのでXMの段階では少々オーバーしても問題無さそうです
ただしSPCのキモであるエコーを使用する場合
エコーに割当てるメモリ領域の都合で実機では再生できなくなる可能性もあります

サンプルは16bit,8bitどちらでも可

■データ制作のコツ等
波形ループを使用するサンプルの場合はループ長が16の倍数になっていると綺麗に変換されるらしいです
音階は(エディタ上で?)F5以上になるとそれ以上の音階にならず同じ音階で鳴るようです(調査中)
回避策としては
 アレンジを変える
 InstrumentでRelative noteのオクターブを上げエディタのオクターブを下げる
 Resampleしてベースノート自体を変える
 サンプルそのものを差し替える


容量節減
極々シンプルなシンセサイザー音色ならリサンプルでサンプルレートを抑える
生楽器サンプルでも許容範囲で同上(かえってスーパーファミコンらしい音になる事もある)
ちょっとしたディレイは人力で

エコーについては次回以降、、多分

LSDjのあのキック



昨年BlipFestivalというchip musicの大きなイベントに行ったとき
宿地で京都の方々に教えてもらった多分今でも使われているコシのあるキック(ベースドラム)の作り方
を参考に自分でも色々研究してました

「特別ですよ?どすどす」との事でしたので具体的なパラメーター等々は晒せませんが
理屈だけ

まずこのキックの波形を見てみます
gb
サムネイルをクリックで巨大に見えましょう

次に生音源のキック
real

最後に909なキック
909

このキックは生音の形に近いですね
近い所は、、、頭にグシャってなってる波がちょっと入ってるところです
そしてこの音色はひとつのインストゥルメントとしてノートだけで呼び出せるという素晴らしさ

ではどうするのかというと、、、

1フレームだけグシャっとした波形を鳴らす
以降はサイン波っぽかったり方形波っぽい形の波形で鳴るようにする
後は普通のWAVキックと同じ要領なんですが実はここの調整で音色がかなり変わる


LSDj使い込んでる人は大体察しが付く事と思われます
あとシンセサイザーの凄い使ってる人とかも

京都勢のやってるキックはもっと太くて固いです、今回のは自分好みに調整しました
しかも実機じゃなくてサンプリングしたものをRenoiseで鳴らしてます

おわり

RenoiseのTheme File

懐かしのFastTracker2風Theme


FT2の最終公式バージョンはv.2.8なんですけど非公式?のバグフィックス等々のv.2.9もあるのです
v.2.8ではパターンエディタのフォントは黄色なんですがv.2.9のようなボディと同じ色にしてみました
改めて本家のデフォルトカラーと比べてみると本家のほうがこれより緑がかってますね
本家のカラーセットで選べるBlueに近いかもしれません

ScreamTracker3とかImpluseTracker風Theme


Renoiseは元々FastTracker2のレイアウトを基調としているためマッチングはFT2のほうがいい、、、
と、思いきやこれはこれでなかなか雰囲気あると自画自賛しているのですがどうでしょう

ただ懐かしいというだけじゃなく両者ともいい感じで没入させてくれる色味だと思います
シーケンサーはシンプルな色合いで平面的なほうが使いやすいです

両方のThemeを収録したものはコチラ Download

オマケで自分用に作ったキーボードショートカットの設定も入ってます、こちらは好き嫌いあると思います


     

About

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM