出来ぬ!LSDj #1 TABLE

こぬちは
久しぶりにLSDjのお話題でございますのとMilkyTracker以来の出来ぬtipsですよ

中級者以上になってくると音色作成ももはやINSTRUMENTスクリーンだけでは飽き足らず
TABLEをセットありきになってきますが

単に高速で同じ処理を繰り返すだけのTABLEではモテませんので維持系の音色のヤリ方です

その前におさらい

TABLEは物凄い高速でカーソルが動きますが、これは若さ故って事ではないのです
1ラインがそのSONGの最小の分解能ぶんの長さって事になってます
これはMilkyTrackerはじめ一般的なトラッカーでいうところSpeedと同じでLSDjの場合はデフォルトで1ラインあたり6になっております

その辺にまつわる概念は出来ぬ!MilkyTracker #7 三連符の入れ方と同じ事であります
*ちなみに上記事でのEDコマンドはLSDjではDコマンドに置き換えてやればそのまま応用できますよん

それを踏まえて

囲っている部分が繰り返し処理をする所

そもそもTABLEの16ラインってどの位の長さなんだ?ってとこで

TABLEの16ライン = PHRASEの2ラインちょい

程度なんですね
ショット音ヒット音みたいなものなら良いのですがロングトーンだとなんか割り切れない循環でギッコンバッタンした音になりますの
そして発音の時だけクセをつけて後はしっかり平坦に鳴らしたいって時も循環されると困りますよね

そういう時は【Hコマンド】を使って

カーソルを先頭に戻さない
かつ
終端まで行かせない!行かせないよ!!!


という処理を強いるに限る
この手に限る
(いや他に何かあるかもしれぬ)

上図ではWコマンドで波形変更した後その波形を維持するという処理を行っています(アルペジオ側は先頭に戻って6ライン分ループします)
Hコマンドで0Cに戻してやって0D到達するとまた0Cに戻されるという無限回廊であります
まあWコマの直後に置いてもいいんですがなんとなく間空けて置くのはアタシのクセです(撮った後に気づいた)

以上

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

     

About

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM