出来ぬ!MilkyTracker #8 Spd値による色々なノリ

こんにちは

今回はSpd値=TPLの可変により様々な調子を作る回です
TPL = 6の時1ラインは16分音符です
では、もっと繊細かつ複雑なフレーズを作る為に32分音符を多様するような曲を作る場合には

どうしましょう

こうしましょう

コントロールパネルのSpdを3にセットします
これで1ラインあたりの長さが32分音符扱いになりました
ただし、、、流れるスピードも倍になりますので目を回さないように
ちなみにTPL3で三連符はこんな感じです


三連系とも言われるブルースや演歌でよく聴くあのノリ(6/8拍子で記譜される場合もありますが)
視認性を考慮して16進数の上桁で1小節を維持したい場合はFコマンドでSpdをセットします


8分三連=TPL8で2ライン
残り2ラインで4+4とし、合計4ラインを均等に割る発音タイミングになります
逆でもいいですよ

ただしキーオンする位置を間違えないように
そしてFxxコマンドはEDxと違い最後の値を維持するので4ライン1セットで延々打ち込まなければなりませんのでご注意
サンプルコマンドをあまり使わないドラム系のチャンネルにでも打ち込んどけばいいでしょう

16ビートでちょっとスウィングしたいとき
2音目を微妙にタイミングうしろにします


どれもお約束として4ラインのTick合計を24にするという事です

Fコマンドはソング全体に効果があるのでひとつのチャンネルだけ揺らしたい時はEDコマンドを使います

以上です

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

     

About

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM