現代カーオーディオ

現代って言っても韓国の自動車メーカー「ヒュンダイ」の事じゃありませんよ
*ヒャダインに空目

MR2購入時に前オーナーが付けていたヘッドユニットがあまりにもインテリア的に浮いていたので
シック、かつ、高性能(?)な物に換装しようという事で

ちなみに今まで付いていたのがコレ
KENWOOD MZ907

ちょっと時代がいつのものかよくわかりませんがCDとMD(!)が聴けます
筐体のサイバー具合もさることながらアナライザとかスコープのイルミネーションがビカーッと

要するにケバいです(これ使ってる人ごめんなさいですが)

何よりCD/MD挿入パネルの蓋がユルユルなのでもう引退させます

で、買ったのがコレ
KENWOOD U373R
言っても最新モデルでは無いのですが店頭にあったので適当に取ってきました
あ、レジは通ってますよ

MZと比べて”格”としてどうなのか知りませんが
凄く室内が落ち着きました、まだ夜間点灯してないので何とも言えませんが明らかに地味にはなった筈
このコンポの特徴としてオーディオソースに従来のCDやラジオに加えてUSBメモリに入れた音楽ファイルや
iPod,iPhoneを繋いで鳴らせるようになったという所

ナウい

最新モデルだと対応フォーマットも増えてるのですが多分iPhoneしか繋がないので問題無い
そしてフロントパネルにAUX INが

下の穴がステレオミニジャック

おわかりいただけただろうか
ゲームボーイ繋げますね

いや、近い将来iPhoneが廃れても何かしらをどうにかして突っ込むことができるので【安心】です

という事で現状想定している使い方
コンポからiPhoneをコントロールできますスバラシイ
ぶっちゃけるとCDいらない
最新モデルにはCDメカレスのラインナップもありますが取り寄せ面倒だったので

肝心の音質のほうですが、、、
前のと大差ありませんねと言ったら語弊あるのでコチラをご覧下さい

音の出口がこんなんですからね、そもそも車のキャラクター的にオーディオ凝るのには無理がありますw
そこそこの音質でいいのですよ
ただ歴代のマイカーのようにカセットやらCDやらを社内に大量にストックしなくていいというのは大きいです
最近じゃ音楽ソフト自体CDじゃ無い物も増えてきてますし
アナログDJとPCDJのようなと言ったらまた怒られるけど
もうトランクに穴開けてCDチェンジャーを固定する時代じゃ無いんです
古い車の趣きという物もありますがここはそれ拘るところじゃ無いという結論に達しました
筐体の見た目くらいでしょうかね、やっぱりボリュームはダイヤルのほうがイイ

あと何と言っても雪国最大のメリットで、USBで繋いでるのでCDと違って”飛ばない”
足が固いからだろとかそういう次元じゃありませんもの降雪時

最後、取り付けに関しては
以前のコンポもKENWOOD製だったのでカプラー外して付け替えて終了でした
作業時間10分位w
昔人様の車のコンポ換装手伝った事ありますがその時は半日くらい掛かりましたから今回もそれを 期待 覚悟していたのですが

アッサリ

まあ、、、本当はケーブルも付属の新品に付け替えたほうが良かったのかもしれないけど

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

     

About

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM