MilkyTracker Custom#1

当ブログでは(多分)お馴染みMilkyTrackerの使い勝手を向上すべく
以前XMSNESによるSPC制作でもお世話になったosoumenさんと改造をやっております

と言ってもワタクシ、ソースコードからのビルドは素人故「あんなこといいな、できたらいいな」
って事をしたためているだけですけどね

今回手を加えたのはトラッカーの作業では頻繁に操作するエディットステップと
オーダーリストの編集に関するキーボードショートカットです

まずコチラをご覧下さい


MilkyTrackerのコントロールパネルです

なんと

原寸大であります

これの[+]と[-]をポインタで狙い撃ちしないとエディットステップの変更やパターンの並び替えができないのです
トラッカーの良い所は外部に色々繋がなくても打ち込みができるところでして
イマドキのちっこいモバイルノートでも十分使えるというところなんですが

なんせトラックパッドだとこの標的が空振る空振るw
当たり判定小せェ

MacBookをお使いの方ならわかると思いますが今のMacはポインティングとクリックが一体になっていて
クリックの時微妙に上にスライドしたり(あるある)

さらにモニタの高解像度化もあいまってパターン編集がもはやスナイプ作業です

そこで、このボタンにキーボードショートカットを割り当てようという試みです
Add stepの変更は実は同じトラッカーであるところのRenoiseに[ Command + num ]というキーがあり
それをそのまま拝借(?)しました

指定出来るのは0から9まで、それ以上はテンキーの+でできます
がトラッキングで使うステップなんてせいぜい8くらいまでなのでMacBookでも余裕です
動画でよくあるトラッカー作業ではノートを打ち込んだあと1ラインづつ編集するコマンドを打つのに
コマンドナンバー打つ -> 戻る -> バリュー入力 -> 戻る -> バリュー -> 誤打 -> 戻る
という返し縫いのような動きが見られますがこれは
いちいちエディットステップを変更しにマウスを操作するのがめんどいからという事なんでしょう
それでも手練は凄いスピードでこの作業しますが

まずこれを解消しました

次にオーダーリストの編集
ここは [ Command + 方向キー ]を割り当てました
このショートカットはデフォルトで他の動作に割り当てられていましたが
実はFastTrackerIIと同じショートカットでも出来る事なのでバッサリカットしました(してもらいました)

cmd + left/right
パターンナンバーの変更

cmd + up/down
オーダーのデリート/インサート

になっております

他、クリエイトニューパターン/クローニングのショートカット
何故か無かったソロモードのショートカット
リサンプルに4-point Gauss(スーパファミコンのような鳴り)を追加

など痒い所に手を届かせるような改良を加えております(加えてもらってます)
今のところMac版で改造が進んでおりますが追ってWindows版も?というところです

ただし、これで初心者が取っ付きやすくなるという訳でも無く
フォーマット自体にも手を入れて無いので音が良くなるという訳でも無いのであしからず

続報を待て

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

     

About

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM