XMSNESでスーパーファミコン音源(SPC)を作る#6

#5で取り上げたSPCToolを使用したエコー調整ですが、、、

もっと簡単でエレガンスな方法がありました
↓ご存知世界一ナウいトラッカーであるところのRenoiseです↓


osoumen氏作のSFCEchoというAudioUnitプラグインを使用する

のですが、、
SFCEchoのパラメータコピー機能は本体のC700に統合され現在は上イメージのようなカタチではありません
(復活希望)
当ブログではXM直からの変換に的を絞っておりますのでC700の運用については飛ばしておりましたが
C700はスーパーファミコンの感触をエミュレートするようなサンプラーでございます
これであるていど実機の鳴りを想定したサンプルを作りMIDIでコントロールして曲を作る
出来たらMIDIをXMに変換して(OpenMPTなどで読み込む)各chにサンプルをセットというような使用法です



作ったサンプルはXi(XMのInstrument設定)で保存してXM対応のトラッカーに読み込めますので
XM直でも十分使えますが
シンプルにエコーの鳴りを試したい場合にはSFCEchoが便利

RenoiseはXM形式を読み込める上にAUプラグインも使えるので【速い】【簡単】【安心】?です
そうRenoiseならね
おしむらくはRenoiseのXM読み込みは完全じゃ無い事、そしてXM形式での保存が出来ない事でしょうか
SFCEchoの吐いたパラメータを手動でXMにコピーしなければなりません(MilkyTrackerは文字列のコピペができない)

というかC700を使用すればDAWで疑似スーファミ音源的な事もできますね、スバラシイ

コメント
Thank you for sharing !!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

     

About

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM