XMSNESでスーパーファミコン音源(SPC)を作る#4

出来上がったSPCを色々アレするツール

名前もそのまんま

SPCTool


wineを使用して強引にMacで動かしているので表示が所々おかしいですが、、、

■大雑把に出来る事
ID666タグ(SPCのファイル情報など)の編集や諸情報の閲覧
曲をWAVやMIDIでレコーディング(この辺wineでは上手くいかなかったので不明)
サンプルをWAVやBRR(SNESの圧縮形式?)でエクスポート

タグ自体はXM2SNESのオプションでビルド時にも書き込む事が出来ますがSPCToolを使った方が格段にラク
元のXMを無くしてしまっても安心です

BRRに関してはどうなんでしょう?可逆なのか不可逆なのかワカランのでXMで再編集する目的としては微妙なところ
WAVで出力してそれをXM2SNESに掛けると再圧縮されて音が変わってしまうと思われます

BRR直だとaddmusic*や自作ドライバなどでの運用という道も
誰か個人か個人じゃ無い団体が作ったSPCに含まれる音色を(略)は自己責任においてどうのこうのですが

*addmusicはスーパーマリオワールド(海外版)をハッキングしてMMLのようなものでSPCを作るツールらしいです
addmusicにはシリーズ?亜種?のようなモノも存在し、BRRを自前で組み込んだりもできるようです
ただし導入にはある程度の知識が要求されるようです

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

     

About

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM