出来ぬ!LSDj #1 TABLE

こぬちは
久しぶりにLSDjのお話題でございますのとMilkyTracker以来の出来ぬtipsですよ

中級者以上になってくると音色作成ももはやINSTRUMENTスクリーンだけでは飽き足らず
TABLEをセットありきになってきますが

単に高速で同じ処理を繰り返すだけのTABLEではモテませんので維持系の音色のヤリ方です

その前におさらい

TABLEは物凄い高速でカーソルが動きますが、これは若さ故って事ではないのです
1ラインがそのSONGの最小の分解能ぶんの長さって事になってます
これはMilkyTrackerはじめ一般的なトラッカーでいうところSpeedと同じでLSDjの場合はデフォルトで1ラインあたり6になっております

その辺にまつわる概念は出来ぬ!MilkyTracker #7 三連符の入れ方と同じ事であります
*ちなみに上記事でのEDコマンドはLSDjではDコマンドに置き換えてやればそのまま応用できますよん

それを踏まえて

囲っている部分が繰り返し処理をする所

そもそもTABLEの16ラインってどの位の長さなんだ?ってとこで

TABLEの16ライン = PHRASEの2ラインちょい

程度なんですね
ショット音ヒット音みたいなものなら良いのですがロングトーンだとなんか割り切れない循環でギッコンバッタンした音になりますの
そして発音の時だけクセをつけて後はしっかり平坦に鳴らしたいって時も循環されると困りますよね

そういう時は【Hコマンド】を使って

カーソルを先頭に戻さない
かつ
終端まで行かせない!行かせないよ!!!


という処理を強いるに限る
この手に限る
(いや他に何かあるかもしれぬ)

上図ではWコマンドで波形変更した後その波形を維持するという処理を行っています(アルペジオ側は先頭に戻って6ライン分ループします)
Hコマンドで0Cに戻してやって0D到達するとまた0Cに戻されるという無限回廊であります
まあWコマの直後に置いてもいいんですがなんとなく間空けて置くのはアタシのクセです(撮った後に気づいた)

以上

nanoKEY2



以前買った同社のmicroKEYの本体側のUSBが壊れたので原点に戻ってモバイル用MIDIキーボードを購入しました
microKEY(37鍵)も非常にコンパクトなのですが厚みが割とありなんだかんだ言ってもアレはデスクトップPC向けの製品だと思います
25鍵モデルにしても「カバンに入れて持ち運べる」という触れ込みがありますが厚さはきっと同じ

nanoKEYは初代から13インチのノートPCとほぼ同じ幅であり厚さのほうは比べ物にならないくらいの薄さですね
ただし演奏用にはまったく向いていない完全にデータ入力用の物ではあります

初代は出た時すぐに買ったんですがキータッチがどうにも馴染めなかったのです
演奏用では無いとは言え、なんというか押した後の「返し」がもっさりしておりまして
なにより作りが相当プアでありました、そこは割り切りなんでしょうけどどうにも隣り合ったキーとの引っ掛かりというか
なんだろう全体的に剛性感がめっぽう低い感じ
しまいにはキーがもげたり!反応が悪かったり反応自体しなかったりで使い込むには至りませんでした(個体差あるのかな?)

nanoKEY2では剛性感が随分アップしたように感じます、厚さもミリ単位ですがアップしましたが
初代のノートパソコンのキーボードそのままっていうのじゃなく専用のキートップになりましたね
全体的に質感は向上しております

なによりタッチが随分軽やかになりましたね返しも早い

レスポンシブ

言っても押した感触はカチャカチャと相変わらずプアではありますが



あと面白いのが、いや別に面白くはないかもしれませんが
RenoiseのMIDIマッピングでSUSTAIN(CC64)とMOD(CC1)を再生停止に割り当てられますね
リアルタイム入力しないならこれでいいかも
* Renoiseの曲ファイルはMIDI MAP設定もセットなのでその都度設定が必要です
自動読み込みってあったっけ?テンプレソングに設定しておくのも手ですね

今更も今更なレビューでした

小節マタギ

マタギって言っても猟師すなわちハンターの事ではなくて

跨ぎ

のお話でまたもモンハンじゃなくてM01Dのお話

M01Dはパターンシーケンサー、、に近い構造で特定のパターンナンバーを持たない【シーン】という事?物?をパーツとして並べて組み立てていく仕組みらしい

数値入力型のMIDIシーケンサーなどは便宜上一定の分解能を小節や音符などの単位として数値として
ロケート?ステップタイム、ゲートタイムとして管理していて今時のピアノロール式のシーケンサも内部的にはそうなのかな?
私が使った事のあるのはハードシーケンサばかりなのですが音楽的に小節単位で区切られてはおるが基本パターンあたり一直線なので跨ぎ放題でした

次、トラッカーは小節という音楽的単位ではなくいちパターンあたりのステップ数とスピード値に縛られております
実質BPMが導入されてからは音符分解能を割り出せて1ラインあたりの音長を音符に置き換えられますが
え〜と何の話でしたっけ??

そうそう、トラッカーにはステップタイムとゲートタイムの概念が多分無いのですよ
ノートをトリガーするっていう感じで新しいノートかボリューム0を入れるか後期のトラッカーならキーオフを入力して音を閉じるみたいな感覚、なので予期せず跨ぎまくります

M01Dはどうかというと
潔いまでのステップ固定(?)MIDIのようにノート配置位置の調整やトラッカーのようなノートディレイコマンドもありません
というか今はそこ関係無いんですが

シーンのケツから次のシーンに、小節の最後の音と次小節の半拍にタイ掛けるみたいのはどうすればよいかって悩んだわけです
タッチペンで伸ばそうとしても画面端までしか行かないんですもの

っていうのを実機触れない状況下で考えてたんです

で、今実際に色々試せる時間になったので試してみました



ああ、、、、
いとも簡単に、、、、、

SELを選択して跨ぎたいノートのGATEを伸ばすだけでした

ただし!

これをやっても次のシーンには前のシーンからの跨いで来たノートは表示されませんのね
あと次のシーンが空でもGATEでした長さはキッチリ鳴りますね、なるほどなるほど
ちなみに、GATEで指定できる最長は64でした

我ながら物凄い乱文で申し訳ありません
ではG3攻略にモドリます アデュー


     

About

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM